湘南で夢の注文住宅を手に入れるための情報サイト

湘南の自然と共生するデザイン

注文住宅を湘南ならではのデザインで建てるポイントを説明します。インテリアに自然素材をふんだんに使ったり、海辺の場合は塩害対策が必要といった内容をまとめています。

注文住宅を湘南で建てるなら光と風通しのデザインがポイント

湘南ならではのデザインで注文住宅を建てるあこがれの湘南ライフを満喫するなら、太陽と潮風を十二分に感じられる住まいであることが必須条件。日当りや風向きは、土地の方角や高さ、そして周りの建物との関係で大きく変わってきます。

大手ハウスメーカーが提供する建売住宅は、好条件のそろった立地の住まいはほんのわずかに過ぎないことも。なぜなら、少しでも多くの物件をつくって売ろうとしているからです。

せっかく湘南で暮らし始めたのに、快適性に結びつかない住まいだとしたら残念なこと。

注文住宅なら、将来にわたって快適で心地よく暮らせる家がつくれます。施主のライフスタイルや希望のデザインを考慮したうえで、その土地にあった家の向きや窓の高さなどすべてオーダーできるからです。

また、海辺に近いエリアでは塩害対策も必要になってきます。土地の方角や風向きによっては、車は車庫に入れたほうがよい鉄柵にはペンキを塗るなど考慮する必要があります。海から離れている場所でも、強い台風の後に植木の葉が塩分で痛むという事象もありますので、周辺リサーチも行ったうえでプランを練りましょう。

インテリアには自然素材をふんだんに使うべし

湘南ならではのデザインで注文住宅を建てる宅地開発が進んだとはいえ、湘南にはまだまだ多くの自然が残されています。

家の中にも自然素材を使って内と外の垣根をなくすことで、よりいっそう湘南ライフをエンジョイできるのではないでしょうか。

例えば、フローリングには無垢材を使ってみてはいかがでしょう。太陽が降り注ぎ海に近い湘南とはいえ、冬は氷点下に下がることもあります。無垢材は熱伝導率が低いため、冬場は素足で歩いても暖かく夏は涼しいという特徴をもっています。

また、壁や天井にはシックハウス対策にも効果がある珪藻土を使うのもよいでしょう。

こうした自然素材は、人工的に造られた新建材と違い、使い込んだり時間が経つことで味わいを醸し出してくれます。自然素材に包まれた暮らしができる住まい。それは、そこで暮らす家族がいつまでも愛着の持ち続けられる家でもあるのです。