湘南で夢の注文住宅を手に入れるための情報サイト

マイホーム完成までの流れ

注文住宅を建てることを考えている人のために、家づくりのおおまかな流れを紹介。施工業者の絞込みや引渡しまで、ポイントごとに内容を解説します。

注文住宅で理想の家づくりする流れ

1.イメージを固める

注文住宅を建てる人のための流れを説明。注文住宅は自分の希望を伝えればそれが叶う家。そのため、最初にどんな家に住みたいかというイメージをしっかりまとめておくことが重要です。

家族でどんな生活をしたいか、どんな部屋に住みたいかなど書き出してみるのもよいでしょう。イメージがなかなか浮かばないという場合は、住宅展示場でモデルルームを見学するのもヒントになってよいかもしれません。

様々な要望を整理しておくことが、注文住宅でかなえる家づくりの第一歩です。

2.資金計画を立てる

資金計画を立てるには、家づくりの総費用がどの程度なのかを把握することから始めます。

本体工事費の他に地盤調査や屋外電気工事などの別途工事費、各種登記や引越しなどの諸経費などを考えます。次に頭金にする自己資金をどのくらいにするか、無理のない住宅ローンの返済額はどのくらいかなどを計算します。

「頭金+借入額」の合計が家づくりにかけられる費用ですからしっかり計画を立てることが重要です。

3.依頼する業者を選ぶ

最初から1社に決めるのは難しいので、まずは資料請求や住宅展示場見学で情報を集めます。

依頼先はハウスメーカーや工務店、設計事務所など様々あってそれぞれ特徴があります。アフターフォローのことも考えて地元密着の工務店にしよう、ユニークな家にしたいから建築家を通そうなど、自分にあった依頼先を検討して2~3社程度に絞り込みます。

ここでの業者の絞込みが、スムーズな家づくりの流れをつくるといってもよいでしょう。

4.見積り

依頼先を絞りこんだら、同じ条件で見積の依頼をします。

建物の規模や間取り、外観や設備などプランがしっかりしていないと見積りを出すことができません。そのためには、こちら側の要望事項をしっかり整理しておく必要があります。

2週間程度で見積りは出てきますので比較検討します。表向きの金額だけでなく、こちらの希望がしっかり含まれているかなどチェックします。

5.契約締結

見積りの内容に納得したらいよいよ注文という段階になります。注文住宅では「工事請負契約書」を結ぶことになります。

間取図、設備・仕様書をしっかりと確認し、不明点があれば問い合わせてきちんと説明を受けましょう。なお、契約時には印紙代や工事契約金(工事費用の10%)を現金で支払う必要があります

6.立会い

契約が無事終了したら着工となります。着工したら時々は現場に行って進行状況をチェックするようにしましょう。

途中で地鎮祭や上棟式を行うかどうかも検討します。建物が完成したら竣工検査で傷や汚れ、建具の状況、設備はしっかり使えるかなど説明を受けながらチェックしていきます。不具合があれば修理を依頼します。

7.引渡し

注文住宅ならではの家づくりの流れ不具合の修理が完了したら引渡しとなります。

最後に依頼先が作成した「工事完了書」に捺印し鍵と保証書を受け取ります。入居後も何が起きるかわかりませんので、故障等があったときの連絡先などを確認しておくのがよいでしょう。

以上、建物を中心に完成までの流れを説明しましたが、どこに建てるのかという土地探しの過程もあります。

土地選びに当たっては価格だけでなく法律面、地盤などチェックすべきことが多数ありますので、できれば土地探しの段階から工務店に相談しておくことをおすすめします。